出張査定の時に用意しておくモノ

自賠責の残り期間も査定の対象? バイクを売る時には、買取専門店にバイクを持って行ったり、自宅に買取査定に来てもらうという方法がある。

バイク王やバイクワンなどの大手バイク買取専門店は、出張査定に来てもらい、その査定額で納得がいった場合にはその場で売買成立し現金を手にすることも可能なのだ。

だが、その場合にも、ただそのバイク本体があればOKというわけではない。

バイクを買い取ってもらうためには、それ以外にも準備しておかなければいけないものがある。

もちろん、バイク本体・鍵は当たり前だが、その他に自動車検査証(車検証)は準備しておかなければいけない。自動車検査証は、400ccのバイクの場合で、250cc以下は軽自動車届出済証、125cc以下は標識交付証明書となる。

これらの書類をもし紛失してしまったという人は、再交付をしてもらう必要があるが、バイクワンに買取を依頼した場合には無料で手続きを代行してくれるのだ

再交付をするとなった場合には、もしかすると印鑑証明が必要になるかもしれないので、念の為準備しておいたほういいだろう。

その他に自賠責保険証書も必要だ。実際、軽二輪(125cc~250cc)のバイクに関しては自賠責保険証書がなくても買取をしてもらえる場合もある。

だがバイクワンでは、125cc~250ccの自賠責保険の期間が残っていればその期間も査定の対象になるから査定アップのためにもあったほうがいいだろう。

もし、紛失してしまったという場合も発行保険会社や担当者がわかれば再発行ができるから、手間はかかるが再発行しておいたほうがいい。

その他に必要なものとなると、印鑑と身分証明書ということになる。一般的にはこれだけのものが揃っていれば、即買取してもらえるだろう。

ただ、バイクを売るのが未成年という場合には、保護者の同意が必要となり、同伴してもらうか保護者の同意書、身分証明書も必要となるのだ。


また、バイクが他人名義というケースもある。


他人名義の場合はバイクを譲り受けたという証明書、その名義人の委任状と免許証などのコピーも必要となる。名義人が知り合いや身内ならそういった書類を準備する事はそれほど大変ではないだろう

だが最近はヤフオクなどでバイクを購入したため、その書類を準備するために再び出品者に連絡を入れなければいけないというケースが増えているのだ。

逆に、買取業者に依頼せずにヤフオクなどの個人売買でバイクを売ったら、購入した人がそのバイクを再び売る時にこういった手続きを請求されるかもしれないのだ。


もちろん、ヤフオクでも売買が成立した際にしっかり名義変更手続きをおこなえば問題ない。売った後のその名義変更もバイク王やバイクワンなどの大手バイク買取専門店なら、すべて代行してくれるので、安心だ。

また、バイク王やバイクワンでは譲渡証・委任状もホームページからダウンロードできるし、保護者の同意書もダウンロードできる。

その場で売る、売らないは別にしても、まず自分または自分のバイクがどういった手続き、書類が必要なのかをしっかり見極め、準備しておくといいだろう。

それらの書類がないと即売買が成立できず、もしかするとモタモタしているうちに買取価格が下落してしまう可能性もあるのだから。


自賠責の残り期間も査定の対象?

【概要】
自賠責の残り期間も査定の対象?(バイク買取の時に用意するモノ)
出張査定の時に用意しておくモノ バイクを売る時には、買取専門店にバイクを持って行ったり、自宅に買取査定に来てもらうという方法がある。 バイク王やバイクワンなどの大手バイク買取専門…


新着★ヤマハ・SR400の買い取り事情
ヤマハ SR400は1978年の発売以来、ほぼ30年に渡って基本設計やデザインに大きな変更が加えら...

新着★ホンダ・シャドウ400(750)買取事情
シャドウ400(750)は、ホンダが人気車種スティードに続いて開発したアメリカンタイプのバイク。 ...

新着★ヤマハ・XJR400Rの買い取り事情
ヤマハのXJR400Rはネイキッドの定番。 元々、人気の高いモデルだったが、絶版になってからも人気...

新着★ドラッグスター250(400)の買い取り事情
ヤマハのドラッグスターは、国産アメリカンタイプのバイクとして人気のシリーズだ。 現在、バイク王で...

新着★ヤマハTDM850(900)の買い取り事情
ヤマハのTDM850(900)は、外観は一見オフロード風だが実はオンロードという一風変わった特徴を...