オンライン査定と大きな違いが

ヤフオクのトラブル例 バイクの買取をおこなう時、最初は買取専門店に電話をしたり、サイトからオンライン査定をしてもらい、その後に無料出張査定をしてもらうというのが最近の流れとなっている。

だが、実際にバイクをこの手順で買取依頼をしてもらった人は分かるだろうが、ほとんどの場合電話やオンライン査定をした金額よりも査定額は下がってしまうのだ。

電話やオンラインでの査定は、そのバイクの状態が最高にいい状態での買取価格だと思った方がいい。実際には、そんな程度極上のバイクでなければ、出張査定時にどんどんマイナスされていくのが常だ。

ちなみに、俺の友人には、わけのわからないマイナーな買取業者に出張査定を依頼して、酷い目に遭った奴がいる。

電話査定では13万円位と言われていたのだが、バイクを見て査定したところ


「悪いガソリンを使用していたんじゃないですか?エンジンが年式の割に悪すぎる。転倒とかないですか?傷も酷い状態」

等と言われて、結局、買取金額は2万円と言われてしまったらしいのだ。

友人もバイク屋に勤めていた事があるから、エンジンが悪くないというのは見ればわかる。しかも、メンテナンスもしっかりしているし、キズもほとんど気になるところはないらしいのだ(本人談)。

『じゃあ、売らないから帰ってください』と言っても、しつこく売ってくれと言われ、最後には泣きつかれてしまい、しかたなく9万円で手を打ったということだ。

13万円から9万円になってしまったというのは仕方のないことだと思うが、俺も2万円査定から7万円も査定額がアップするというのが解せない。

結局のところ、9万円で買取できるんじゃないかってね。

そういった悪質ともとれる買取業者を避けるためには、やはり名の通っているバイク買取専門店がいいだろう。有名だからこそ、悪評は付きたくないものだから、健全な査定をしてくれるのだと思う。

有名なバイク買取専門店となると、バイク王やバイクワンあたりになるが、これらの会社が必ずしも高く買い取るというわけではないかもしれない。

ただ、大手だけに、あまり無茶な行為は自分の首を絞めるということを知っているはずだ。名前を聞いたことも無いマイナー業者を呼ぶよりは遙かに安全だと言える。

また、バイクを売る時に必要な名義変更手続きやローンが残っているバイクの所有権解除の手続きなどいろいろな手続きを代行してくれたり教えてくれたり・・・というケアも、大手の方が整備されているのは想像に難くない。電話の応対も(よほど間が悪くないかぎりは、たぶん)丁寧だろう。

これが個人売買やヤフオクなどに出品すると、様々な手続きは自分でおこなわなければいけないし、書類を紛失したとなると再発行の手続きもとらなければならない。場合によっては、かなり高圧的な態度に出る相手とやり合わなければならない。

また、バイク買取専門店は売買契約が成立すれば、あとは売ったバイクに何があろうと自分には関係ない。

だが、ヤフオクや個人売買はクレームなどのトラブルもある。もちろん、売る時には、ノークレーム、ノーリターンを条件にするべきだが、それでも文句を言ってくる奴は言ってくる。

悪くすると、ヤフオク運営側にまでクレームがいき、結局、売った側も無傷では済まない・・・なんてことはよくあることなので、憶えておきたい。


ヤフオクのトラブル例

【概要】
バイク買取 ※ヤフオクのトラブル例
オンライン査定と大きな違いが バイクの買取をおこなう時、最初は買取専門店に電話をしたり、サイトからオンライン査定をしてもらい、その後に無料出張査定をしてもらうというのが最近の流れと…


新着★ヤマハ・V-MAXの買い取り事情
ヤマハ・V-MAXは発売から20年以上モデルチェンジが行われなかった超ロングセラーの人気バイク。 ...

新着★マジェスティ250Cの買取事情。
ヤマハのマジェスティ250Cはゲオバイクの買取強化車種に入っている。 参考買取価格は最高で41.8...

新着★ヤマハT-MAXの買い取り事情
ヤマハのT-MAXは、排気量500ccの大型ビッグスクーターだ。 やはり大型ということもありT-M...

新着★フォルツァを売る
フォルツァはホンダを代表するビッグスクーターで、市場での人気をマジェスティと二分する。 現在、バイ...

新着★ヤマハ シグナス150の買い取り事情
ヤマハ・シグナスは1984年に発売されたスクーター。 150ccという原付でもビッグスクーターでも...